シミの悩み

気付いた時にはもう遅い…?

学生時代、ソフトテニス部だった私はほぼ毎日外に出て部活に励んでいました。周りの室内競技や文化系の部活の友達はみんな色白でその中で真っ黒な私はとても目立っていたと思います。

 

でも、当時はそんなこと全く気にしていませんでした。「部活を頑張っている証拠!」ぐらいに思っていました。

 

さらに夏場など友達が頑張って日焼け止めクリームを塗っている中でも、「もう真っ黒だし。」「日焼け止めクリームって塗ると窮屈な感じするし。」と日焼け止めクリームすら塗っていませんでした。

 

しかし、部活も引退し、大人になった今、自分の肌を見て毎日ため息が出ます。世間は美白・美肌が美人の必須条件のようになって、テレビに映る魅力的に見える女性はナチュラルメイクに透き通るような肌の方ばかりです。

 

ナチュラルメイクにしたくても、シミが目立ち、それを隠すためにコンシーラーを塗って隠すと、見るからに厚化粧のようになってしまいます。シミ対策の化粧水や美容液、クリームなどたくさんありますが、自分に合うものがないのか、「シミが薄くなった!」と実感するものにはまだ出会えていません…。

 

高価なものを使えばいいのかと考えたこともあり、思い切って買っても値段のことが頭をかすめ思う存分使えなかったり、継続できなかったりしてしまいます。若い頃から紫外線に気をつけてしっかり肌ケアしておけばよかったと日々感じています。

 

 

そばかすのせいで貯金ができません!

わたくしの顔にはそばかすがたくさんできてしまっています。紫外線対策はバッチリしているにも関わらずどんどん増えていくそばかす。

 

日傘をさし、日傘がさせない場所では帽子を必ずかぶって外出しているのですが、紫外線を浴びなくてもそばかすは発生してしまうようです。そばかすを消すために医療レーザーを5回ほど当てましたが消えては数カ月後に復活。その繰り返し。

 

もう300,000円ほどのお金が消えていっています。その他にも紫外線対策グッズや美白クリーム化粧品などにかけた金額は若い頃から考えるともう数え切れない金額になっております。そばかすがなければもっと貯金がたくさん増えていたと思うとそばかすが憎くてたまりません。

 

そばかすなんてあったって何の役にも立たないのになぜ存在しているのか謎でしかたがありません。そばかすがない人のことが羨ましくてしょうがないです。外を自由に紫外線を気にせずに走りまわりたいそれが私の今の夢です。その夢を実現してしまうとそばかすが大量発生してしまうので一生叶うことはないでしょう。

 

正直生まれ変わるのなら絶対にそばかす遺伝子は持って生まれたくないです。そばかすがわたしは大嫌いです。素肌に自信が持てません。

page top